白髪の原因は?

白髪の原因

白髪は年齢を重ねるとできると思われがちですが、年齢だけが白髪の原因ではありません。ここでは白髪を作るいくつかの原因を紹介します。

 

ストレス

 

イラッとしたり、悩みこんだりするとストレスがたまり、体の働きを低下させます。頭皮も例外ではなく、薄毛や白髪などの原因になってしまうので気をつけましょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性特有の悩みと言えばホルモンバランスの乱れ。多少のホルモンバランス乱れは白髪と関わりがないのですが、妊娠や出産で起こるホルモンバランスの乱れは髪への影響が大きく、白髪の原因になると言われています。

 

老化

 

年齢を重ねると同時に人間は老化していきます。体が老化していくと髪の毛の色素を作る組織(メラノサイト)が低下していくので、年齢を重ねると白髪が増えてしまいます。個人差はありますが、大体30代から白髪は発生すると言われています。

 

遺伝

 

白髪の一番の原因が遺伝と言われています。遺伝は防ぎようがないので、どうすることもできません!遺伝の白髪の見極め方は、若白髪があるかないかで分かります。遺伝の場合、髪に色素が入りにくい体質なので、若くして白髪になりやすいと言われています。

 

栄養不足

 

髪の毛の色素を作るメラノサイトはチロシンという成分から作られています。このチロシンが不足すると黒髪が作られません。チロシンは納豆や大豆などに多く含まれている成分ですので、多く摂取することをオススメします。また牛乳やチーズなどに多く含まれるフェニルアラニンという成分は白髪予防に最適な成分なので白髪を増やしたくない方にオススメです。

 

睡眠不足

 

睡眠は髪に栄養を送る唯一の時間です。睡眠不足になると髪に栄養が行き渡らなくなり、髪の毛の色素が抜けやすくなります。また睡眠不足になると白髪以外にも多くの悩みを抱えることになるので気をつけましょう!22時〜2時が最も栄養が髪に送られる時間と言われています。