ルプルプの主成分【フコイダン】とは?

ルプルプカラートリートメントの有効成分フコイダンとは?

TVや雑誌などのメディアで紹介され、今すごく注目されているカゴメ昆布がルプルプには使用されています。カゴメ昆布は特別な自然環境でしか育たない昆布で、北海道の函館近海にしか生息していない貴重な昆布です。

 

ただ数が少ないから注目されているというわけではなく、カゴメ昆布は、健康成分や食物繊維が豊富に含まれており、美容・健康に効果があり注目されています。主な効果は、若返り、血糖値を下げる、免疫力の向上、体の代謝を高める、などの働きがあり、日本だけではなく、世界からも注目されている美容昆布です。化粧品やサプリメントなどにも既に使われており、その効果は認められています。

 

そんなカゴメ昆布のネバネバ部分に多く含まれている『フコイダン』という保湿成分を生かし、タカラバイオとJコンテンツの2社が共同で開発し、誕生したヘアカラートリートメントがLPLP(ルプルプ)なんです。

 

この2社はフコイダンの保湿力に目をつけ、『髪を染める時のダメージを軽減させることはできないのか』を考え、独自の有効成分『ルプルプWフコイダン』を開発しました。ルプルプWフコイダンは保湿力だけではなく浸透力もあり、毛穴の奥から髪の毛に潤いを与えることができます。

 

その仕組みは、頭皮にルプルプWフコイダンが密着し、毛穴の奥まで美容成分が侵入していきます。

 

ルプルプカラートリートメントの待ち時間は20分〜30分なので、白髪が染まると同時に頭皮と髪の毛に潤いがたっぷりと補充される仕組みになっています。

 

フコイダンは使えば使うほど髪にハリ、ツヤを出すことができるので、髪が傷んでしまった方やこれから髪を傷ませたくない方にオススメの有効成分です。