市販の白髪染めのメリット・デメリットとは!?

市販の白髪染めのメリット・デメリットを紹介。

歳を重ねるにつれ、白髪が増えてくる方も少なくありません。特に40代や50代の若い内は、白髪染めをして若々しさを保ちたいですよね。白髪染めの方法としては、市販の薬剤を買って自宅で染めるか、美容室を利用するかの主に2択です。ここでは、市販の白髪染めのメリットとデメリットをご紹介します。

 

市販の白髪染めのメリット

市販の白髪染めを利用する最大のメリットは、価格の安さです。美容室を利用すると、髪の長さや量にもよりますが、5000?8000円程度の金額が掛かります。市販の白髪染めなら、安ければ1000円以下、高いものでも3000円程度で済ませることができます。以前は、髪の毛がパサパサになったり、染まり具合にムラができたり、品質の多い製品も多く、仕上がりに不満を抱く方も多かったのですが、最近は品質も向上してきています。特にトリートメントタイプの白髪染めなら、髪が痛むこともなく、かなり自然な仕上がりになります。

 

市販の白髪染めのデメリット

逆に、市販の白髪染めのデメリットとして大きいのが、個々人の頭皮の状況に応じた、きめ細やかなカスタマイズができないことです。美容室を利用する際には、美容師さんが頭皮の状況や髪の痛み具合などを判断して、その人に合った薬剤の調合をしてくれますが、市販の白髪染めの場合は、既成品から自分に合いそうなものを選ぶことしかできません。自分に合う製品が見つかれば良いですが、なかなか見つからない場合には、失敗を繰り返すことになる可能性もあるでしょう。